先頭に戻る

シミ予防にはビタミンCが効果的!紫外線対策に

うっかり日焼けが怖い

紫外線は夏が1番強いような気がしますが、それは間違いです。
実は、5月が最も強いのです。
紫外線
ところが、気温が夏ほど上がらないと日焼け止めを塗り忘れることもしばしば。
顔はファンデーション等でカバーしていても、手の甲や腕はそのまま露出・・・なんてこともよくあります。

 

これ、危険です!
うっかり日焼けにつながってしまうのです。
日焼けを気にする
夏のレジャーと違い、毎日蓄積されて行く紫外線ダメージは、気が付かないうちに肌の奥でメラノサイトがメラニン色素を生み出しています。
このままでは、シミだらけ・・・

 

グリーンスムージーで紫外線対策

ヤバい!
と思ったら、今から紫外線対策を!
日焼け止め
身体の外からは、日焼け止めで、これ以上の紫外線を浴びないようにします。
そして、身体の中からは、メラニン色素を滞りなく排出させるための栄養素を摂って対策します。
色素が沈着する前に、できてしまったメラニン色素をなかったことにするのです。

 

ビタミンC

シミに効く栄養素と言えば、ビタミンCが真っ先に上げられます。
ところが、ビタミンCは加熱や光に弱い栄養素。
加熱調理したり、絞ってジュースにして保存しておくと、どんどん壊れてビタミンCとして働けなくなってしまいます。
グレープフルーツとレモン
そこで、グリーンスムージーがおすすめです。
生のまま粉砕して、すぐに飲むスタイルは、ビタミンCが壊れる前に、素早く体内に取り込むことができます。

 

ビタミンA

意外にも、メラニンの沈着を防いでくれるのがビタミンA。
化粧品に入っていることも少ないし、知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ビタミンAは脂溶性のため、たくさん摂ると身体に溜まりやすいため、過剰症が心配です。(ビタミンCは水溶性のため、身体に溜まることはほとんどありません)
サプリメントより、緑黄色野菜から摂ることが望ましいとされています。
こまつな
そうなると、やっぱり手軽なのがスムージー。
ほうれん草や小松菜にもたっぷり入っています。

 

食べ物の栄養素を味方につけて、メラニン色素を身体から追い出しましょう!