先頭に戻る

スムージーを冷凍保存する方法は?

スムージーは体に良いので毎日飲みたいですよね。
でも、毎日作るのはとても大変ではないでしょうか。
一度に大量に作って保存できれば楽ですよね。
また、たくさん作りすぎてしまった場合や飲み切れなかった時、保存できたら良いと思いませんか。

 

グリーンスムージーの保存

できあがったスムージーを常温に置いておくと、栄養素の酸化が進んでしまいます。
また、風味も落ちていってしまいますので、その場で飲み切ってしまうのが一番です。

 

でも、飲み切れなかった場合は酸化を防ぐこと。

  • 少しでも酸化の進行を抑えるためにラップをかける。
  • スムージーにレモン汁を混ぜる。(レモン汁に含まれるビタミンCは、天然の酸化防止剤として使えます。)

などといった方法があります。

 

もちろん、冷蔵庫で保存しましょう。
2〜3日は保存可能ですが、1日保存しただけでも色は悪くなります。
美味しく飲むには数時間以内が望ましいでしょう。

 

ところで、スムージーの材料の野菜は冷凍保存できますが、できあがったスムージーを冷凍保存することは可能なのでしょうか。
スムージーを作った女の子

 

冷凍保存

冷凍保存ができれば、忙しくても続けられそうですね。
基本的はできあがったスムージーの冷凍保存はおススメできません。
でも、どうしても冷凍保存する場合は以下のことに気をつけてください。

 

しっかりと空気を抜く

酸化を防ぐためには必要なことです。
しっかり空気を抜くことで、酸化が進むのを防げます。

 

飲む時は自然解凍する

スムージーの酵素を壊さないようにするため、自然解凍しましょう。
電子レンジで解凍なんてしたら、せっかくの酵素が壊れてしまいます。
どうしても急いでいる場合は50℃の湯で湯煎をするようにしましょう。

 

保存は2週間程度

冷凍保存だからっていつまでも保存できません。
しっかり空気を抜いても酸化はしてしまいます。
作り置きするとしても1週間分くらいまでにし、できるだけ早めに飲みきるようにしましょう。

 

再冷凍はNG

一度解凍したスムージーを再び冷凍しないで下さい。
風味がおちる原因になります。
冷凍する時は、1回分ずつ小分けしましょう。
冷凍保存のポイント

 

冷凍スムージーの活用方法

1週間分を作り置き

あまり買い物に行けない人におすすめです。
1日分ずつ、小分けにして冷凍しておきましょう。

 

味の変化を楽しむ

毎日違うスムージーを飲みたい人におすすめです。
2〜3回分のスムージーを一気に作り、飲まない分だけ冷凍保存します。
日々、レシピを変えれば、違う味のスムージーがストックできます。
色んな味を楽しむ