先頭に戻る

スムージーの材料としておすすめの素材を紹介

グリーンスムージーってグリーンであればどんな野菜でも作ることができるのでしょうか。

 

じつはすべての野菜がグリーンスムージーに適しているわけではありません。
では、どんな野菜、果物がOKで、何がNGなのでしょうか。
疑問に思う女性

 

適した野菜

グリーンスムージーは生野菜とフルーツだけで作ります。
また、野菜は葉のものになります。

 

具体的には…
 ほうれん草、水菜、小松菜、チンゲンサイ、ケール、かぶ・人参の葉、バジル、モロヘイヤなど。

 

また、葉の野菜ではないですが
 トマト、パプリカ、大根、キュウリなどもおススメです。

 

適した果物

果物は結構種類が多いです。
 オレンジ等の柑橘系、イチゴ、ブルーベリー、キウイフルーツ、スイカ、マンゴー、バナナ、リンゴ、ナシ、アボカド、桃、柿など

 

特に、バナナは安価で1年中手に入る点からおススメな果物です。
また、バナナは味がしっかりしているので、青臭さが苦手な人におススメです。
リンゴや桃など皮が柔らかい果物は皮ごと使います。
これは皮のすぐ下に栄養がたくさんあるからです。

 

適さない野菜

逆にグリーンであってもスムージーに適さない野菜もあります。
デンプン質を含んだ野菜はNGです。
理由はフルーツとの食べ合わせが悪いので、腸内でガスが発生しやすくなるからです。

 

どのようなものがあるかというと…
 キャベツ、白菜、ズッキーニ、ナス、カボチャ、トウモロコシなど

 

キャベツ、白菜等のキャベツの仲間は家にあることが多いのでつい使ってしまいそうになりますが、使わないようにしましょう。
葉の野菜といった条件は満たしますが、デンプン質を多く含んでいるからです。

 

買い物で工夫を

グリーンスムージーの良いところは、自宅にある野菜を使って手早く作ることができるところですが、普段果物を食べる習慣がないと買い忘れてしまったり、野菜と言えばキャベツばかり買ってしまっていたりと、買い方の癖で材料がそろわないこともあります。

 

日頃から、色々な野菜や果物を買うようにすることで、食卓も豊かになり、スムージーをいつでも作れる体制が整います。
スーパーに立ち寄るところから、グリーンスムージー作りを意識して、買い物の内容を工夫してみましょう。