先頭に戻る

小松菜のスムージーの感想

初めてのグリーンスムージー作り

ほうれん草を生でたくさん食べるのはシュウ酸が気になったので、小松菜のシンプルなグリーンスムージーを作ってみました。
初めてなので、果物多めのレシピです。

 

材料

材料

・小松菜 1/2束
・りんご 1/2個
・バナナ 1本
・氷50g
・水150mL
(常温で飲みたい場合は水200mLのみにする)

 

作り方

野菜を粉砕

小松菜は2〜3cm、りんごは2p角に切る。
バナナは手で2cm程度にちぎる。

 

小松菜、りんご、バナナ、氷をミキサーで粉砕する。
細かくなってきたら水を加えて均一になるまでミキサーにかける。

 

できあがり!

作ったスム−ジー

コップ2〜3杯分のグリーンスムージーができました。

 

網でこしたりしていないので、ドロドロしていて泡が消えませんでした。

 

味の感想

まずは臭いを嗅ぎました。
青臭さとバナナの臭いで、これはあまり美味しくなさそう・・・

 

ひとくち飲むと、うーん、バナナの臭いが強く、リンゴのシャリシャリした食感と小松菜の青臭さが後味に残ってなんとも言えません。
身体には良さそうですが、一気にコップ1杯飲み干すのは、私にはムリです。

 

そこで、牛乳で2倍に薄めてみたら、抹茶ミルクみたいな見た目になりました。

牛乳で薄めたスム−ジー


ミキサーは使わず、グリーンスムージーに牛乳を入れてスムーンで攪拌しただけです。

 

すると、少しサラッとして、臭いを嗅いでもあまり臭くなくなりました。

 

飲んでみると・・・飲み易い!
牛乳が小松菜の青臭さを消して、バナナの甘さを引き立ててくれています。
リンゴのシャリシャリ感も、濃度が薄くなったのであまり感じず、口当たりが良いのでこれならゴクゴク飲めます。

 

スムージーレシピを探していて牛乳入りが多いなと思っていたのですが、実際に飲んでみると納得です。
本格的なグリーンスムージーは牛乳を使わないと聞いたことがありますが、美味しくないと続けられないので、最初はムリせず牛乳を使って飲み慣れてから牛乳抜きにチャレンジした方が良いと思います。

 

牛乳は100mLで約67kcalのカロリーがあるので、カロリーが気になるようであれば低脂肪牛乳を使ったり、牛乳と水の割合を調整してみるとカロリーも抑えられます。

 

味を飲みやすくしたのであれば、ハチミツを入れたりする人もいるようです。

 

他にも、豆乳やヨーグルトも口当たりや風味を改善してくれるようなので、今度試してみたいと思います。