先頭に戻る

グリーンスムージーで胃が痛くなる理由

痛い

私は胃が弱いです。
そのため、かなりの頻度で胃痛、胸やけを起こします。

 

グリーンスムージーを飲んだ時も
「美味しい〜」
と思ったのはつかの間。
10分後には胃が痛くてベッドで悶えていました(´・ω・`)

 

でも、グリーンスムージーって身体に良いものですよね?
胃が痛くなるなんて、変だと思いませんか?

 

犯人は、吸収しやすい『栄養』

栄養素

グリーンスムージーの魅力は、酵素をたっぷり含んだ生野菜を丸ごと粉砕して、栄養価を損なわずに摂取できること。

 

ですが、胃が弱い人にとってこれが仇となっています。

 

通常の食事は、消化酵素を働かせることでゆっくりと栄養を吸収しやすい形に消化しています。
ところが、グリーンスムージーはこの工程をスッポリ抜いてしまい、急激に栄養を吸収しなくてはならなくなるのです。

 

強い薬は胃を守るために胃薬(胃を保護するもの)と一緒に服用しますよね。
野菜の栄養は、本来、強い物質ではありませんが、ダイレクトに摂ると胃がビックリしてしまう場合があります。

 

「グリーンスムージーを飲んだら胃が痛くなった」
意外かもしれませんが、これは起こりうる現象なのです。

 

こんな人は要注意!

  • 青汁などの健康食品で胃痛を感じたことがある人
  • ビタミン剤で胃痛を感じたことがある人
  • 食後、胃もたれを起こしやすい人

はい、私、全て当てはまります。

 

心当たりがある方は、初めてグリーンスムージーを飲む時は量を少なめにしてみるとか、野菜を減らして果物を多めにする(フルーツジュースに近くなる)など、工夫して様子を見て下さいね。

 

胃痛を起こさないための工夫

刺激を弱めて

まず、市販の粉を溶かすタイプのグリーンスムージーは注意が必要です。
ミキサーで手作りするグリーンスムージーより栄養の吸収が良いのか、私の場合は胃痛を起こしやすいです。
牛乳で溶かして飲む(牛乳のタンパク質が胃の粘膜を保護してくれる)のもおすすめですよ。
また、デキストリン(難消化性食物繊)などが刺激になる場合もあるので、なるべく混ざり物がないナチュラルなグリーンスムージーをおすすめします。

 

手作りのグリーンスムージーは、比較的胃痛を起こしにくいです。
でも、濃いとやっぱり胃に違和感を感じます。
なので、なるべく薄めたり、食事と一緒に飲んだり、果物を多く使ったりして薄める努力をしています。

 

体質によっては合わない食材が特定できる場合もあるので、「グリーンスムージーを飲んでから胃の調子が悪い」と感じたら、少しずつレシピを変えて体質に合わない食材を抜くのも手ですよ。