先頭に戻る

ダイエットで失敗しないためにするべきこと

体重計

 

正しいダイエット、してますか?

 

日々ダイエットに励んでいる人は、大勢います…

 

中には、常にダイエット・ダイエットと口癖のように言っているのに、なぜか痩せる所か・逆に太ってしまう人もいます…

 

では、ダイエットに成功する人と、失敗する人の違いって何でしょう〜

 

ここでは、ダイエットに成功した人が心がける、ラクラクダイエットのコツについて紹介したいと思います。

 

周りに、ダイエットを宣言する!

 

ダイエット

 

1人で、ひっそりとダイエットを始めたとしても、自分次第で続けることも・止めることもできます…

 

自分だけのダイエットではなく、周りの家族や・友達・同僚などにダイエットの開始宣言をするだけで、ダイエット効果はぐんと上がります!

 

それは、ダイエット開始を宣言することで、周りの目を気にするからです◎

 

周りの人に見られるという意識が持てることと、周りからのお誘いが少なくなるというメリットもあるので、ダイエットの成功に近づけます(*’▽’)

 

ダイエットの意志を、強く持つ!

 

食べ物

 

よく明日からダイエットするという言葉をよく聞きますが、そう言っている間は、絶対に痩せません!

 

どんなに甘いお誘いでも・美味しい食べ物の誘惑でも、動じない強い意志を持つことが大事です◎

 

しかしながら、極端に好きな食べ物を我慢すると、返ってストレスになり→ドカ食いや・逆効果の可能性もあります…

 

ドカ食いを防ぐためにも、自分でタイミングを決めて、好きな食べ物を少しずつ食べることで満足感が得られるので、結果的には良いダイエットにつながります。

 

食べ物を、買い溜めしない!

 

スウィーツ

 

家におやつや・好きな食べ物が常にあると、なかなかダイエットに成功できないと言われています!

 

ダイエット中に、お腹が空いたり・イライラが溜まった時に、目の前に食べ物があったら、判断が鈍くなり・一瞬で食べちゃって、後で後悔…ってことありますよね(^^ゞ

 

これは、どんな人でも同じことで、あなただけの意志が弱いということではありません(*’▽’)

 

つい食べてしまうことを防ぐためにも、“家には食べ物を置かない!“ことが大事です!

 

どうしても、食べ物が我慢できない場合は・・・

どうしても我慢できない場合は、午後の15時前後に食べましょう!

 

理由は・・・
■1日の中で14:30〜15:30の間は、脂肪を溜め込もうとする『ビーマルワン(BMAL1)』というタンパク質が、最も少なく、食べたものが脂肪となって溜まることが少ないからです!

 

■1日の中で14:30〜15:30までの間は、血糖値を下げる『インスリン』というホルモンを分泌する、膵臓(すいぞう)の働きが最も活発になるため、血糖値が急激に上がる心配がないからです!

 

激しい運動は、避ける!

 

ウェスト

 

ダイエットを始めると、急に走り出す人や・ジムに通い出す人が多いのですが…

 

体を鍛えるためなら良いけど、ダイエットのためにはならないと思います☆

 

激しい運動をすると、返って体を壊したり・骨や筋肉を傷めたりする危険性があるのはもちろん、続かない場合も多いので、無理は止めましょう◎

 

ダイエットのための運動は、普段できる範囲内での軽い運動で良いのです!

 

大事なのは、同じ量の運動を習慣的に続けること

 

毎日のお散歩や・ヨガ・簡単なストレッチ・ダンス…
など、有酸素運動を意識しながらやると、ダイエット効果が倍増します!

 

冷え性を改善して、体の代謝を上げよう!

 

お腹

 

冷え性だと、血液の流れがわるく・新陳代謝が正常に行われなくなります…

 

新陳代謝機能が低下すると、どんなダイエット方法を実践しても、脂肪の燃焼が難しくなります。

 

ダイエットを始めるならまずは、有酸素運動や・血行促進によい健康サプリなどで、冷え症を改善した方がダイエットへの近道となります!

 

停滞期を、うまく乗り越えよう!

 

お皿

 

ダイエットをやっていると、必ず訪れる停滞期…

 

これまで順調に減っていた体重が、急に減らなくなり、焦りを感じるようになります…

 

中には、ダイエット失敗だと勘違いし、そのショックで再び食べ物に走る人もいます…

 

しかし、ダイエット中の停滞期は正常反応です!

 

体重が減ることで、体を守ろうとする細胞が、脂肪の減少を止めている状況と理解すれば分かりやすいと思います。

 

停滞期は大体2週間〜1ヶ月続きますが…

 

無理しないで、今までの通りの量の栄養をしっかり摂ることを心がけましょう!

 

停滞期が終われば、また体重は減っていくので、今までに落としにくかった脂肪を落とせるチャンスにもなります(*’▽’)

 

つまり、停滞期は、ダイエットがうまく行っている証拠でもあります\(^o^)/

 

*ダイエットといって、無理な運動や・食事制限ばかりを気にするのではなく、心に余裕を持ち、上で紹介したようなことを、ゆっくり・じっくりと続けるのがダイエットの成功につながります。